Visual Studio Codeはじめました(PHP開発 デバッグ編)

前回の続きです。
Visual Studio Code(以下VSCode)をvi操作系に…を記事にしようと思いましたが、vscodevimを入れたら事足りたので、記事にはなりませんでした。細かいキーバインディングもこれからですし。
ですので、次回に書こうと思っていたMac上のVSCodeでPHPのデバッグについて書いてみようと思います。

まずVSCodeで必要となる拡張機能は前回の記事の内
PHP Debug
です。
その他、PHPの実行環境としてMAMPを入れており、そこに含まれるPHP Ver.7.2.14を使うように設定しています。
(記事作成時点(2019/05/13)ではMAMPのPHP Ver.7.3.1にはxdebugがない為使っていません)

まずはxdebugを使う為にphp.iniに記述を追加します。

次にVSCodeの設定にPHPの実行パスを追加します。

VSCode左のデバッグアイコンをクリックし、上部の設定アイコンをクリックして開くlaunch.jsonに以下を記述します。

あとは実行ボタンを押せばデバッガが開始します。

“Visual Studio Codeはじめました(PHP開発 デバッグ編)” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です